バスの歴史

1903年、二井商会という会社が京都市内で試運転したのが最初のバス事業であるとされている。
1987年に、運行を開始した9月20日が日本バス協会によりバスの日と定められた。
1905年、広島で12人乗りのバスが運行されており、これが日本で最初のバスの運行という説もある。

 バス事業の初期は順風満帆とは行かず、特に人力車や馬車をはじめとする既存事業者との衝突があった。
最初のバスが走った京都でも、人力車組合などの反発にあい、廃業せざるを得なくなってしまった。
バス事業の存在が大きく知られるようになったのが、関東大震災のときであった。
関東大震災により、東京市内は鉄道軌道が寸断され、応急的な処置として11人乗りのバスを導入した。
関東大震災の活躍によってバスは好評を持って迎えられ、応急的なつもりが恒常的な運行へと変化した。
第二次世界大戦前になり、バス会社同士の競合が激しさを増していった。

 戦後、1950年代後半~1960年代前半の時期はバス黄金時代と呼ばれ、乗車人員は右肩上がりだった。
1960年代後半ごろから次第に状況は一変し、多くの地域でバス事業者の再編やバス事業の撤退が見られる。
2002年2月の「改正道路運送法」施行で乗合バス事業の公的な規制が取り払われた。