路線バス

 路線バスとは、あらかじめ設定された経路を定期的に運行するバスのことである。
高速バスや「はとバス」に代表される遊覧バス、定期観光バスも路線バスに含まれる。
一般に路線バスと言うと、通勤・通学などの日常の移動を主な目的として運行されるバスのことを指す。
一部にはバイパス道路や道路橋、高速道路などの有料道路に路線が設定されている場合もある。

 ほとんど全ての路線バスは、大型二種免許を持った運転手だけが乗務するワンマンバスとして運行されている。
1970年代前半頃までは車掌が乗車していたが、人件費節減のためほとんどワンマン運行になっていった。
運転手の間では、同業者とすれ違った際に手を上げて挨拶をすることがしきたりとなっている。

 地方を中心に自動車の普及、少子高齢化、過疎化の進行により、現在はかなり苦しい運営状況におかれている。
小型バスによる均一料金での細かな地域への入り込みや、100円バスの形態で利用増を図る地域もある。
時刻表の配布により利用者が増加した例もある。 道路交通法により原則として、バス停留所や、駅前などに設けられたバスターミナルからバスに乗降する。
運賃は、均一料金制の場合と、距離に応じて金額が上がってゆく区間制の場合とがある。