コミュニティバス

コミュニティバスとは、地域共同体、もしくは自治体が住民の移動手段を確保するために運行するバスである。
諸外国においては、地域共同体がボランティアの運転手に支えられるなどして運行するバスである。
日本においては,自治体が運行する路線バスのことを指す。
市街地などの公共交通サービスを提供するものと、市街地内の主要施設を循環する路線など様々な種類がある。
従来の乗合バスを補う公共交通サービスとして、全国的に急速に導入された。
採算性より住民の足として運行されている。 地元のバス会社に実際の運行を委託するなどし、必要に応じ自治体側が経済的な支援を行うのが一般的。

 コミュニティバスは法的に明確に定義されておらず、法的には普通の路線バスと同様である。
住民の交通の利便性向上を目的とし、地方公共団体が関与している乗合バスを一般にコミュニティバスと呼ぶ。
既存のバス事業者が運行するもの、貸切バス事業者が運行するもの、地方自治体が運行するものなどがある。
日本のコミュニティバスの導入の発端は、香港で盛んに運行される「ミニバス」であると言われている。
廃止代替バスの形態で運行されることもあり、また乗合タクシーとして運行されることもある。